会誌35号発行と原稿募集について

投稿を希望される方は、下記の「投稿の申し込み」の要領に従い、6 30 (月)までに事務局にお申し込み下さい。

投稿申し込みをされた方は、ネィティヴチェック済みの完成原稿を、下記の[別記]に従い 8 月末日までに提出ください。期日を過ぎて投稿されたものにつきましては受理いたしませんのでご注意ください。投稿原稿の採用の可否は、編集委員会が委嘱する審査委員の査読結果にもとづき、本年の総会・シンポジウム開催時に行われる第3 回理事会で正式に決定されます。審査の結果採用となった原稿につきましては、必要に応じて書き直しをお願い することがあります。また、掲載用原稿にたいして、本会の負担で翻訳会社を通して再度ネイティヴチェックを実施しますが、これはあくまでも言語的な面での 質的向上を図るためのものです。チェックのレベルを超えて新たに執筆者が書き直し、その結果再度のチェックが必要になるようなことが生じた場合には、料金 は執筆者の負担となりますのでご注意下さい。

投稿の申し込み

6 30 (月)までに、投稿者名、原稿の種別(論文、書評など)、表題、専門分野、使用言語、分量、また論文の場合は簡単な内容(日本語で400 字程度、もしくは欧文で200 語程度)を電子メールで下記のJSSEES 事務局までお知らせ下さい。そのさい、件名に「JSSEES 投稿申し込み」と明記してください。

E-mailjssees@bun.kyoto-u.ac.jp

* 追記:日本語で発表済みの論文でも、欧文で発表していないものは応募可能です。

論文の提出方法

論文提出の締め切り:8 31 日(日)。期日厳守でお願いいたします。
論文の形式・部数・送り先:電子ファイル(Word 形式)で原稿を提出いただきます。原稿は「論文本体」と「表紙」にわけ、論文本体には論文タイトルと本文のみを記し、執筆者名や所属は記入しないでください。表紙には執筆者名、連絡先住所、電話番号、Fax 番号、電子メールアドレス、所属、ならびに原稿の分量(○○語、図個,表個」)を明記してください。電子ファイルは論文本体と表紙を別々のファイルとし、その両方をJSSEES 事務局および編集委員長あてにメール添付でお送りください。その際、メールの件名は「JSSEES 投稿原稿」とし、ファイル名には必ず執筆者名を含め、かつ、論文本体または表紙のどちらかかがわかるように明記してください。電子ファイルは8 31 日必着とします。すべての論文について800字以内の日本語のレジュメを、また英語以外の言語で書かれたものについては200語以内の英文のレジュメを提出して下さい。

* 追記:これまで、最終原稿は印刷媒体を事務局へお送り戴くものとしておりましたが、それは廃止致しました。お含みおき下さい。また、和文(必要に応じて英文)アブストラクトは投稿段階でご準備下さいますよう重々お願い致します。

ネイティヴチェック:ハードコピーの末尾に、ネイティヴチェック済みである旨の一言を、ネイティヴの方に署名とともに書いてもらってください。ネイティヴチェック済みの証明・署名がない投稿論文は受理いたしません。


書評・研究ノートについて

書評・研究ノートの投稿:投稿申し込み、投稿期日、原稿の提出方法は論文と同じです。書評・研究ノートも審査の対象となりますので、投稿にさいしては「原 稿本体」と「表紙」をわけ、本体には執筆者名は記さず、表紙に執筆者名、連絡先住所、電話番号、メールアドレス、所属を明記してください。また、書評を書 いてほしい本がある方も、書評執筆者として推薦する方の名前とともに、6 月末日までに事務局にお知らせください。

前号までに掲載された書評へのご本人からの反論は、条件を付けずに採用したいと考えています。

会誌JSEESに関する問い合わせは編集委員長ヨコタ村上孝之までお寄せください。メールmurakami(a)lang.osaka-u.ac.jp( (a)を半角の@に変えてください)


(追記 投稿申し込み先は京大文学研究科内JSSEES 事務局です。編集委員長あてには送らないで下さい。

投稿に関する詳細は、投稿規定をご参照ください。


会誌第 33 号の発行と原稿募集について

JSEES33 号も、論文、研究ノート、書評ならびに学会動向などを掲載する方向で発行準備を進めてまいります。投稿を希望される方は、下記の「投稿の申し込み」の要領に従い、6 30 (木)までに事務局にお申し込み下さい。

投稿申し込みをされた方は、ネィティヴチェック済みの完成原稿を、下記の[別記]に従い 8 月末日までに提出ください。期日を過ぎて投稿されたものにつきましては受理いたしませんのでご注意ください。投稿原稿の採用の可否は、編集委員会が委嘱する審査委員の査読結果にもとづき、本年の総会・シンポジウム開催時に行われる第3 回理事会で正式に決定されます。審査の結果採用となった原稿につきましては、必要に応じて書き直しをお願いすることがあります。また、掲載用原稿にたいして、本会の負担で翻訳会社を通して再度ネイティヴチェックを実施しますが、これはあくまでも言語的な面での質的向上を図るためのものです。チェックのレベルを超えて新たに執筆者が書き直し、その結果再度のチェックが必要になるようなことが生じた場合には、料金は執筆者の負担となりますのでご注意下さい。

◇投稿の申し込み

6 30 (木)までに、投稿者名、原稿の種別(論文、書評など)、表題、専門分野、使用言語、分量、また論文の場合は簡単な内容(日本語で400 字程度、もしくは欧文で200 語程度)を電子メールで下記のJSSEES 事務局までお知らせ下さい。そのさい、件名に「JSSEES 投稿申し込み」と明記してください。

E-mailjssees@bun.kyoto-u.ac.jp

* 追記:日本語で発表済みの論文でも、欧文で発表していないものは応募可能です。

[別記]

◇ 論文の提出方法

・ 論文提出の締め切り:8 31 日(水)。期日厳守でお願いいたします。

・ 論文の形式・部数・送り先:電子ファイル(Word 形式)で原稿を提出いただきます。原稿は「論文本体」と「表紙」にわけ、論文本体には論文タイトルと本文のみを記し、執筆者名や所属は記入しないでください。表紙には執筆者名、連絡先住所、電話番号、Fax 番号、電子メールアドレス、所属、ならびに原稿の分量(「○○語、図○個,表○個」)を明記してください。電子ファイルは論文本体と表紙を別々のファイルとし、その両方をJSSEES 事務局および編集委員長あてにメール添付でお送りください。その際、メールの件名は「JSSEES 投稿原稿」とし、ファイル名には必ず執筆者名を含め、かつ、論文本体または表紙のどちらかかがわかるように明記してください。電子ファイルは8 31 日必着とします。すべての論文について800字以内の日本語のレジュメを、また英語以外の言語で書かれたものについては200語以内の英文のレジュメを提出して下さい。

* 追記:これまで、最終原稿は印刷媒体を事務局へお送り戴くものとしておりましたが、それは廃止致しました。お含みおき下さい。また、和文(必要に応じて英文)アブストラクトは投稿段階でご準備下さいますよう重々お願い致します。

・ ネイティヴチェック:ハードコピーの末尾に、ネイティヴチェック済みである旨の一言を、ネイティヴの方に署名とともに書いてもらってください。ネイティヴチェック済みの証明・署名がない投稿論文は受理いたしません。

◇ 書評・研究ノートについて

・ 書評・研究ノートの投稿:投稿申し込み、投稿期日、原稿の提出方法は論文と同じです。書評・研究ノートも審査の対象となりますので、投稿にさいしては「原稿本体」と「表紙」をわけ、本体には執筆者名は記さず、表紙に執筆者名、連絡先住所、電話番号、メールアドレス、所属を明記してください。また、書評を書いてほしい本がある方も、書評執筆者として推薦する方の名前とともに、6 月末日までに事務局にお知らせください。

・ 前号までに掲載された書評へのご本人からの反論は、条件を付けずに採用したいと考えています。

◇ 編集委員長の連絡先:E-mailkumo@ier.hit-u.ac.jp

郵便: 〒186-8603 東京都国立市中2-1 一橋大学経済研究所


JSSEES編集委員長 雲和広

投稿申し込み先は京大文学研究科内JSSEES 事務局です。編集委員長あてには送らないで下さい。

追記:投稿に関する詳細は、本ニューズレター最終ページの投稿規定をご参照ください。

(雲)

JSEES27号目次

Articles

Akitsu Mayuzumi. Issues pertaining to Wallacihan and Moldavian voyvodas and their effect on Russo-Ottoman relations (1774-1806).

Никипорец Такигава, Г. Компьютерные ресурсы для гуманитарных исследований.

Смирнова, Т.В. Прецедентные имена как элемент российской языковой личности (на материале заголовков современных медиа текстов).

Тэруо Оки. Образ матери и сына в творчестве  В.Г.Распутина.

Notes

Томоми Касатани. Проблемы византийского иконоборчества в освещении русской историографии.


JSEES
24号目次

  
Kazuhisa Iwamoto. Yury Olesha and Freudism.


  
Юко Накао. Сопоставительный анализ употребления диминутивных суффиксов в русском языке и префикса о- в японском.

     Масахоро Накатани. Экономические положение еврейского населения в районе Белоруссии и Литвы в конце XIX в. по данным переписи 1897 г.

     Masayuki Kuwata. Social Structures and the Rate of Russian as a Mother Tongue in Slavic Regions of the USSR from 1959 to 1989.

      Kiyoshi Kobayashi. Der russische Japanologe Otto Rosenberg in Japanischer sicht

      Леонид Е. Горизонтов. Русско-польское противостояние 19 – начала 20 веков в геополитическом измерении.

      Петр Э. Подалко. Николай Бок и Зиновий Пешков: Восстановленные имена.