お知らせ

***********************
第五回スラブユーラシア研究東アジア学会が、8月9-10日大阪経済法科大学八尾キャン
パスで行われます。個人での報告の申請の締め切りは3月29日、パネル申請の締め切り
は4月26日です。詳しくはこちら
http://src-home.slav.hokudai.ac.jp/jcrees/eac2013-papercall.html
**********************

第3回スラブ・ユーラシア東アジア大会の開催について(JCREES松里)
第1回の札幌、第2回のソウルに続き、第3回スラブ・ユーラシア東アジア学会が今年の8月27-28日に北京で開催されることになりました。個人による申込、パネルでの申込どちらも可能となっており、申込締切は6月18日です。詳しくはhttp://src-h.slav.hokudai.ac.jp/jcrees/main.html
中国側からは、日本からの参加者は最大30名まで受入れ、そのうち20名は現地のホテル代を負担するという約束をもらっています。せっかくの機会ですので、できるかぎり多くの日本の研究者に参加していただければと思っております。)

サンクトペテルブルク大学学長クロパチェフ教授の講演会が11月20日午後1時半より千里阪急ホテルにて行われます。演題は「ロシア連邦の立法制度改革」。この講演会は大阪大学とサンクトペテルブルク大学の学術協定に基づくものです。クロパチェフ教授はメドヴェージェフ大統領の元指導教員でもあります。詳しくはこちら

マンチェスター大学のロシアおよび東欧学科が、同大学で研究を希望する学生に奨学金を提供するプログラムを発表しました。詳しくは、こちら

論集『グスタフ・シュペート』。
グスタフ・シュペートが、今世紀はじめのロシアの思想家として注目を集め始めています。このたび、シュペートの思想をさまざまな角度から論じ、また、資料や翻訳なども加えた論集が、米国パードュー大学出版局より出されました。詳しくはこちら

 スラブ研究センター冬期国際シンポジウムのお知らせ

今年度の冬期国際シンポジウムは、「南オセチア紛争と環黒海地域の跨境政治」と 題して、3月5日(木)-6日(金)、北海道大学創成科学共同研究機構(北キャンパ ス)において開催されることが決まりました。詳しくはhttp://src-h.slav.hokudai.ac.jp/sympo/09march/2009march-e.html
冬期国際シンポジウム
2008626日(木)〜27日(金)の2日間、北海道大学スラブ研究センターにて、
「北東アジアの冷戦:新しい資料と観点」と題するシンポジウムを開催します。

日本、ロシア、アメリカ、韓国、中国、オーストラリアの第一線で活躍する学者の新しい研究成果が報告される予定です。
リーダーシップ、日ソ関係、多面的アプローチ、国際冷戦史研究の新動向、冷戦の終結、冷戦期の北東アジアでの同盟関係などのパネルが予定されています。

プログラムは http://src-h.slav.hokudai.ac.jp/sympo/08summer/2008summer-j.htmlでご覧になれます。



バフチサライ クリミア・タタール歴史文化博物館 創立90周年記念学会へのお誘い
5年ほど前に来日しJSSEESのシンポジウムでも講演してくださったバフチサライ クリミア・タタール歴史文化博物館館長のセルベル・エブベキーロフ氏より、早坂理事宛に同博物館創立90周年記念学会(2007年10月1日から6日)への招請状が届きました。
詳しくはこちら。

20072009年度新役員・新理事長の決定について

2006年秋の総会で2007年〜2009年度の理事、監事ならびに会計担当理事が決まりましたが、このほど2007513日に行われた第1回理事会で、別掲「20072009年度JSSEES役員名簿」にあるように理事長、編集委員長、事務局長、編集委員が決まりました。新理事長には松原広志理事が就任することになりました。また、編集委員長は前期までは理事長との兼任でしたが、今期より理事長とは別個に選ぶことになり三谷惠子理事が選出されました。編集委員会も委員の数を絞りより実質的に活動することになりました。

他学会にも加入している院生会員の会費減免制について

JCREES(日本ロシア・東欧研究連絡協議会)からの要請により、今年度よりJSSEESの他にJCREES傘下の他の3学会(日本ロシア文学会、ロシア・東欧学会、ロシア史研究会)のいずれかに加入している院生・学生の方(研究生等も含め何らかの形で授業料、研究料を納付している方)の会費を、1,000円減免することになりました。

該当の方は、2007年度分の会費について、請求額(通信欄にお名前と金額を記入した振替票をお送りしています)より1,000円少ない額をお振り込みください。またその際、1) JSSEES以外に会員である上記3団体の名称、2) 所属している大学・研究機関名を明記してください。詳細は2007516日発行のニューズレター57号をご覧下さい。

会誌原稿の締切期限の変更について

2007年度発行の会誌JSEES vol.28より論文本体の投稿締切を8月末日(厳守)とすることになりました。これまで年度内に刊行するために毎年12月から3月にかけて綱渡り状態で種々の作業を行ってきました。しかし、今後雑誌の質を維持していくためにも、作業日程に余裕を持たせる必要があると判断し、今回の変更にいたりました。皆様のご協力をお願いします。その他にも幾つか変更点がありますが、投稿申し込み(投稿の意思表示)は従来通り6月末日です。詳細は別掲の「JSSEES28号の発行と原稿募集について」ならびに「Japanese Slavic and East European Studies投稿規定」をご覧ください。

2004年10月29日(金)午前10時より、法政大学市谷キャンパスにて、国際会議「拡大EUの将来像:新加盟国からの提言」が開かれます。詳しくはこちら