Japanese Society for Slavic and East European Studiesについて


Japanese Society for Slavic and East European Studies (JSSEES) は、日本におけるスラブ・東欧地域を対象とした研究を広く世界に紹介するために、欧文誌Japanese Slavic and East European Studiesの刊行を目的として1980年に設立されました。

本誌はスラブ・東欧地域を対象とした優れた研究を分野や方法論を問わず掲載することを目指しています。そのために、大きく第1分野(文学・言語・芸術)、第2分野(政治・経済・法律・社会)、第3分野(哲学・思想・歴史・地理)の3つに分けて論文を募り、レフェリー制による審査を行っています。

またJSSEESでは年1回、秋に総合テーマを決めてシンポジウムを開き、会の内外、また国内外から専門の研究者を招き、その分野の最新の研究成果を総合的、学際的な観点から議論し、紹介する場を設けています。このシンポジウムに際しては、この総合テーマとは別に、一般からの応募による自由論題の研究発表も行われます。

どうか、スラブ・東欧地域の研究に従事されている皆様、興味を持たれる皆様のJSSEESへのご入会をおまちしています。