JAPANESE SOCIETY FOR SLAVIC AND EAST EUROPEAN STUDIES規約

1条(名称)本会はJapanese Society for Slavic and East European Studies(略称JSSEES)と称する。

2条(所在地)本会の本部事務局を京都市におく。

3条(目的)本会は主にスラブ、東欧に関する各分野の研究論文による欧文年刊誌(会誌)の刊行を行い、これによって会員相互の情報交換、あるいは海外の研究者との交流を促進することを以てその主要な目的とする。ただしこの目的の達成に必要であるか、あるいはこれに関連すると思われるその他の諸事業も、随時行うことができる。

4条(事業)本会は第3条に定める目的に従って次の事業を行う。

      . 会誌Japanese Slavic and East European Studiesの刊行。

      . 共同の研究ならびに調査。

      . その他本会の目的を達成するために必要とする事業。

5条(会員)1. 本会は上記の諸分野に関連する研究を行っている研究者、ならびにこの研究と関係のある諸団体および個人で、本会の目的に賛同する者によって構成される。

      2. 本会の会員には次のものがある。

          . 普通会員  ロ. 賛助会員

      3. 前項の規定にかかわらず、必要とみとめられる時は、理事会の議を経て、総会の承認を得た上で、名誉会員をおくことができる。

6条(入会)本会に入会を希望するものは、所定の手続きにより、理事会の承認を得なければならない。新規加入者については次の総会で報告されなければならない。なお、入会の手続きについては、別に定める。

7条(会員の義務)会員は第24条に定められた会費を、当該年度内に納入しなければならない。

8条(会員の権利)普通会員は会誌に研究論文を発表し、また総会および本会の行うその他の事業に、参加することができる。ただし論文の採否については理事会の決定に服さなければならない。

9条(機関)本会に次の機関をおく。

      . 総会    . 編集委員会

      . 理事会   . 事務局

10条(役員)本会に次の役員をおく。

      . 理事長1

      . 理事若干名

      . 編集委員長1

      . 編集委員若干名

     . 事務局長1

      . 会計1

     . 監事2

11条(総会)1. 総会は本会の最高の意志決定機関である。

      2. 総会は原則として年1回開かれるものとする。

      3. 議事は出席者の過半数によって決する。ただし会員は議事に関する権限を議長または他の会員に委任し、あるいは書面によって、意見あるいは意志を表明することができる。

12条(理事会)1. 理事会は第17条の定めによって選出された理事によって構成される。

      2. 理事会は年2回以上開かれるものとし、委任状提出者を含めて理事の3分の2以上の出席をもって成立する。

      3. 理事会は論文の採否を含め、会誌編集上の一切の権限を持つ。

      4. 理事会は入会、退会、事業計画その他本会の運営に関する事項を審議し、総会にこれを報告し、了承を得るものとする。またその結果は適当な方法によって会員に報告されるものとする。

13条(編集委員会)編集委員会は理事の中から互選によって選出された編集委員によって構成され、会誌の編集を行う。

14条(事務局)事務局は、会務全般を担当する。事務局の構成については別に定める。

15条(顧問)1. 必要と認められる時は、理事会の議を経て、総会の承認を得た上で、顧問をおくことができる。

      2. 顧問は本会のあらゆる機関に随時出席して発言することができる。なお、顧問の会費は免除する。

16条(理事長1. 理事長は理事会の互選によって選出される。

      2. 理事長は本会を代表し、理事会を主宰する。

17条(理事)理事は普通会員の中から総会によって選出され、理事会を構成し、所定の業務を負う。

18条(編集委員長)1. 編集委員長は編集委員の互選によって選出され、会誌の編集に関する責任を負う。

      2. 理事長と編集委員長はこれを兼ねることができる。

19条(事務局長)事務局長は理事の中から互選によって選出され、事務局の業務を担当する。

20条(会計)会計は理事の中から総会によって選出され、事務局において本会の会計事務を担当する。

21条(監事)監事は総会によって普通会員の中から選出され、会計の監査にあたる。

22条(任期)役員の任期は原則として3年とする。ただし、重任を妨げない。

23条(運営)本会の運営に必要な経費は、会費、補助金、寄附金、その他の収入をもってこれにあてる。

24条(会費)会費は次のように定める。

      . 普通会員6千円(会誌1冊を頒布)

      . 賛助会員1万円以上

25条(決算報告)理事会は毎年度予算案および決算報告を総会に提出し、その承認を得るものとする。

26条(会計年度)本会の会計年度は41日にはじまり、翌年331日をもって終わるものとする。

27条(規約の改正)本規定の改正は理事会の議を経て総会出席者の3分の2以上の賛成を必要とするものとする。

28条(会費の滞納)1. 会費の滞納が3年度分におよんだ時は、会員の資格を失うものとする。

      2. ただし、その後において滞納分を完納した時は、会員の資格を復活する。

29条(附則)1. 本規約は昭和531123日に制定、ただちに施行されるものとする。

      2. この改正は、昭和5941日から施行する。

      3. この改正は、199241日から施行する。

      4. この改正は、200141日から施行する。

      5. この改正は、2001121日から施行する。