2016年JSSEES総会・シンポジウムの予定

 2016年度のJSSEES総会・シンポジウムは昨年度に引き続き、ロシア・東欧学会と合同で、2016年10月29日(土)、30日(日)に京都女子大学にて開催されます。JSSEES側の組織するシンポジウムは30日午後2時10分より「記憶の政治とシベリア抑留問題」というタイトルで、抑留経験者の方もお迎えして開催されます。このシンポジウムは公開で、一般の方(会員以外の方)にもご聴講いただけます。ふるってご参加ください。プログラムはこちら。シンポジウム趣意説明書はこちら

 2011JSSEES総会・シンポジウムの予定

 JSSEES2011年度シンポジウムと研究発表は、昨年に引き続きロシア・東欧学会と合同で開催することになりました。日時は20111022日(土)・23日(日)、会場は「会場は東京国際大学第1キャンパス(川越市的場北1-13-1 東武東上線「霞ヶ関」駅あるいはJR川越線「的場」駅下車。これまでこの欄に記載されていた「第2キャンパス」は間違いです。ご注意ください)です。

2007年JSSEES総会・シンポジウムの予定

  JSSEESの研究発表とシンポジウムは今年も、昨年同様、日本ロシア・東欧学会と共同開催することになりました。開催日時は昨年よりひと月早まり、10月20(土)21(日)の2日間で、会場は大阪大学になります。本会の総会も2日目のシンポジウムのあと同じ場所で行われます。自由論題の発表はロシア・東欧学会のそれと平行して同一時間帯に組みますので、関心のある方はあちらの学会の研究発表も聞くことができます。プログラムはこちら。

20日はロシア・東欧学会の共通論題「拡大するロシアと世界」(1.袴田茂樹報告「ロシアの2008年問題と世界」[討論者:下斗米伸夫、議長:木村汎]2.松里公孝報告「環黒海地域の変動」[討論者:湯浅剛、議長:羽場久美子]3.吉田進報告「復活するロシアと東アジア」[討論者:田畑伸一郎、議長:宮本勝浩])および両学会共同の懇親会。22日は午前中に自由論題の研究発表、午後に両学会共同のシンポジウムを開催する予定です。本会の総会の時間は未定ですが、本会会員にとってもっとも都合のよい時間を考え、後日お知らせします。なお、シンポジウムはJSSEESが中心になって企画・実施します。5月13日の第1回理事会ではシンポジウム実行委員会が承認されました。委員は浅岡宣彦、ヨコタ村上孝之、ミハイロバ・ユリア、それに木村崇の4名です。テーマやパネリストは近日中に決定し、大会案内をお届けする際、両学会の会員に詳しくお知らせする予定です。目下委員の間ではE-Mailを使って、ソ連時代から今日までのロシアにおける「表現・言論」の問題について、人文系からのアプローチで解明するという方向でアイデアを出し合っているところです。

 一方、21日の午前に行われる本会会員の研究発表についてですが、自由論題での研究発表をご希望の方は、6月30日(土)までに、お名前と所属、テーマを事務局宛(上記の、論文・書評投稿申込みの宛先と同じ)に、メールまたはファックスでお知らせ下さい。またその際、パワー・ポイントやOHPなど、使用機器類を明記して下さい。また、攫報告に討論者を付けたいと思いますので、大まかな内容が分かるようなレジュメを添えていただくと助かります。ロシア・東欧学会と共通の大会案内を作成する関係で、一昨年までとは申込期日が2ヶ月ほど早まりましたので、十分ご注意願います。自由論題のとりまとめ役は理事の木村です。

2005年度JSSEES研究発表会および国際シンポジウムは11月6日、京都大学百周年時計台記念館にて開かれます。国際シンポジウムのテーマは「学際的地域研究が見すえる日露関係とは―― つぎの50年を展望しつつ――」です。詳しくはこちら。プログラムはこちら

日ロ極東学術シンポジウムが2004年11月13、14日に京都にて開かれます。詳しくはこちら

2004年度JSSEESシンポジウムは1030()31()の二日間にわたり、東京工業大学の「デジタル多目的ホール」や「コラボレーションルーム」を使った大規模な研究発表会を企画しています。一日目は、ロシア側と中東側からみた境界領域としてのカフカーズの諸問題にせまるユニークなシンポジウムを行います。司会、パネリスト、対論者については、他の地域研究関連学会からも、すでに有力な研究者の方々の内諾を得ていますが、おって正式にご通知いたします。2日目のシンポジウムは、橋本伸也(広島大学)と溝端佐登史(京都大学)の両氏が中心になり、バルト諸国からの研究者を招いて行う国際シンポジウム「周辺地域・多文化空間、マイノリティ問題を考察する」です。
プログラムはこちら

予稿集はこちらこちら

今年の催しは2日にまたがるため、昼休み前に行う自由論題による研究発表(1報告30分)の空間もぐっと広がり、3会場で平行して行えば、最大18名の報告者を受け入れる用意があります。東京を会場としますので、関東一円の幅広い研究者の参加を期待しています。特にこの地域の若手研究者には絶好の機会だと思いますので、会員の皆様の指導生などの声をおかけ頂きたいと思います。報告の申し込みは以下の実行委員会委員のどなたでも結構ですので、9月末日までに、メールやはがき・手紙でお気軽に申し込んで下さい(会員名簿参照)。その際パワー・ポイントやOHPなど、使用機器類の情報も忘れずに知らせて下さい。

2004JSSEESシンポ実行委員会委員(敬称略):早坂真理(東京工業大)、羽場久ミ尾子(法政大)、吉岡潤(津田塾大)、木村崇(京都大)、橋本伸也(広島大)、溝端佐登史(京都大)

過去のシンポジウムのプログラムはこちら。
2001年 第16回「21世紀のロシア・東欧への新しい視座―スラブ地域をめぐる教育と研究のためのストラテジー
2002年 第17回「クリミア 東西文明の交差点
2003年 第18回「ロシアとポーランド スラヴ世界に拮抗する二つの政治文化

ICCEES(国際中・東欧研究学会)の理事が来日され、理事会が京都で開催されますが、理事8名の方によるシンポジウム「世界主要国におけるスラブ研究の現状と課題」が5月29日(土)、龍谷大学にて予定されています。詳しくはこちら